ホーム > アロマ・フランス コレッジブログ > クレイと石けんの関係 ③最終回

BLOG DU COLLÈGEアロマ・フランス
コレッジブログ

  • 2018.2.1

    クレイと石けんの関係 ③最終回
    クレイと石けんの関係 ③最終回

    今回のコラムは、『クレイと石けんの関係③』最終回です。

    クレイを生活の一部に取り入れていただく為にクレイ講座やクレイの商品をご紹介してきましたが、『クレイ石けん』は生活にとても密着したクレイの使い方の一つだと思います。

    そこで今回のコラムではクレイの選び方・泡立ちについてご紹介させていただきました。

    〇クレイと石けんの関係③〇

    今までの経験から、クレイ入り石鹸の泡はきめ細かくクリーミーであると言うことができます。

    クレイ入りの石鹸を使う時には、掌で優しく泡立て、そのクリーミーな泡を顔や身体にのせ、そっとなでるようにします。

    洗った後は、市販の石鹸を使った時に感じるようなつっぱり感はなく、柔らかくきめ細かな肌になります。

    クレイのおかげで石鹸は洗浄以外の作用も行ってくれると言ってもいいでしょう。

    この作用は、物理的にはクレイの粒子の細かさが、電気的にはクレイの吸収.吸着作用が、プラス電荷を帯びている汚れを引き寄せるというものです。

     

    どんな石鹸にどんなクレイを選べばいいのでしょうか?

     

    石鹸の中でもクレイはその吸着作用を続けますから、それぞれの作用を見極めて自分に合うクレイを選ぶことが大切です。

    というのもクレイにより吸着力も粒子の大きさも異なるからです。

    日本では今、イライト、モンモリオナイト、カオリナイトなど数タイプのクレイを手にすることができますが、ここで言いたいのは、グリーンクレイやホワイトクレイという名ではなく、きちんとした名称のクレイを選ぶことが大事、ということです。

     

    乾燥肌、敏感肌にはホワイトカオリナイトを使いましょう。

    このクレイは穏やかな吸着作用を持ち、その粒子の細かさ(1ミクロン、アロマフランス)により、乾燥しやすい敏感肌に向いています。

    ホワイトカオリナイト入りの石鹸はクリーミーでお子様やお年を召した方にも心地よくお使いいただけるでしょう。

     

    日焼け後、あるいはニキビ痕、乾燥肌には、グリーンモンモリオナイトがいいでしょう。

    このクレイは強い吸着作用を持っています。日差しを浴びた日は、グリーンモンモリオナイトが死んだ細胞を引き寄せ、肌を正常な状態に戻す働きをお助けしてくれるでしょう。

     

    イライトグループの中で、メディカルクレイテラピーの分野で最もよく使われるのがグリーンイライトです。

    ニキビ肌や丈夫なオイリースキンには、優れた洗浄力をもつこのクレイがお勧めです。

    グリーンイライトは皮脂、ホコリや毛穴に潜むアクネ菌を吸着します。特にボディを洗うのに使われます。

     

    私自身、夏と冬は疲れに効くと言われているイエローイライトを使っています。

    列車や飛行機で移動した日は、車内の空気が乾燥し、また電磁波もありますから、イエローイライト入りの石鹸を使って、旅や電磁波で疲れた身体を癒し、肌に活力を与えます。この石鹸は敏感な普通肌やオイリー肌にもお使いいただけます。

     

    少し、レッドイライトについてお話ししましょう。

    このクレイはホワイトカオリナイトと混ぜてピンク色のクレイを作るのによく使われる人気のクレイです。

    私もピンクの石鹸はとてもきれいだと思いますが、果たしてどんな時にも使っていいのでしょうか?

    本来、レッドクレイはボディ専用で、顔やデコルテ部分に使うべきではないものです。

    そして、クレイは混ぜ合わせることで他のクレイになるのではなく、タイプの異なるクレイの配合になるものです。

    レッドイライトとホワイトカオリナイトを混ぜ合わせるとピンク色のクレイができますが、このクレイはイライト−カオリナイトというべきもので、ホワイトカオリナイトによって作用が弱められたとしても、イライトの血行促進作用が消えることはありません。

    ですから、ピンクのクレイを含んだ石鹸を洗顔に使ってはいけないのです。

    使うとデコルテ部分や顔の血行を促進し、それによって気分が悪くなったり、赤ら顔になったりしますから、ボディにだけ使うようにします。

     

    自分で石鹸を作るということは材料を吟味するということです。サラダオイルで石鹸を作ろうなどと思う人はいないでしょう。同様にクレイ選びも大切です。

     

    石鹸の世界はとても面白いですし、クレイテラピーの世界もやはりとてもワクワクする世界です。

    大気が汚染し、電磁波を発生する機器に囲まれ、合成繊維の服を着て暮らす現代の生活は私たちの肌や身体の電気バランスを崩すものですから、自然な状態に回復させるため石鹸の質にこだわることは大切です。

     

    先程も申しましたが、石鹸にクレイを加えることは石鹸に色をつけるという意味だけではなく、クレイの働きはそのまま保ちながら、様々な問題に悩む人々、とりわけ肌のトラブルに悩む方に役立つ石鹸を提供するという意味も持っているのです

     

    クレイと石けんの関係、いかがでございましたでしょうか?

    今までの クレイと石けんの関係① と クレイと石けんの関係② はそれぞれのリンクからお読みいただけます。

    アロマ・フランス コレッジでは、すでに募集を開始している石鹸つくり講座を4月以降は横浜・大阪・秋田でも開講を予定しております。

    日程とカリキュラムもホームページでご案内をしてきますのでチェックしてみてください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


ご予約・各種お問い合わせはこちらから。
はじめての方でもお気軽にご連絡ください。

お問い合せフォーム LINEでお問い合わせ
アロマ・フランスのオンラインストアへ

Qualité garantie

アロマ・フランスのこだわりは生産者が見える商品です。
高品質クレイや化粧水(ハーブウォーター)、精油、キャリアオイルなど当社では信頼の置ける生産者との直接交渉により品質に納得して買い付けを行った商品のみを販売しています。
高槻本校、オンラインストアでお求めいただけます。

クレイテラピースクール【アロマ・フランス コレッジ】