当スクールについて

前原ドミニック

アロマ・フランス代表の前原ドミニックです。アロマ・フランスでは大阪・東京・名古屋のスクールではヨーロッパで実践されている本格的クレイテラピーや日本で初めてのイドロラテラピー、本場フランス式アロマテラピーの講座を開講しています。プロフィール

オンラインショップ

お問合せ

AromaFrance(アロマフランス)

アロマ・フランス株式会社
大阪府高槻市天神町1-8-23
マンション宝25号
電話:072-685-8931

お問合せ

クレイパックの外用

基本 クレイパックの作り方

img09 img10 img11

作ったクレイペーストを満遍なく顔に塗ります。
美容やスキンケアを目的したパックを約15分おいて置きます。
クレイが完全に乾く前に落とします。
乾いたまま、クレイを放置すると、吸収効果が終わるだけでなく、反作用が出てくると言われています。それでは効果が低下します。

美容や日常のスキンケアにクレイパックをする時は、0,5cmから1cmくらいの厚さでクレイを塗るのがコツです。

効果を高めるつもりで、クレイパックに粉末状にしたハーブや植物油、精油を混ぜる方がいますが、フランスをはじめ、ヨーロッパでは水溶液以外のものをクレイに混ぜると効果が低下すると言われています。

特に自然療法で有名なマッソン先生はこのやり方がナンセンスだと言い切っています。
クレイパックの後にトリートメントをするとより効果が得られます。

実際、リンパマッサージしている方によると、クレイパックをした後、リンパマッサージの効果がUPするのが実感できます。

クレイは掃除機みたいな働きがあります。
そう考えれば、クレイを使って、イオン以外のものを体に入れるのは無理があります。

クレイ湿布の作り方

基本的にクレイパックとクレイ湿布用のクレイペーストの作り方は同じです。
しかし、湿布になるとクレイを置く時間が長くなるので、クレイパック用のペーストよりも、固く仕上げるのがコツです。
置く時間は場合によって、30分から数時間までです。
塗る時は、顔のパックよりも、厚く塗ります。
置く時間が長くなれば長いほど、厚く塗ります。
通常は2cmぐらいです。

長く置きたいので、たくさん水分があった方が乾かないと思う人が多いですが、逆です。
水分をたくさん含むクレイペーストは早く乾きます。

湿布の場合は温湿布と冷湿布があります。
目的や状況によって、温湿布か冷湿布を使い分けます。
温湿布を使用場合はクレイの中にお湯を入れないでください。
作りあげたペーストを湯煎します。

温めたペーストを使用する前に、温度を確認することが大事です。
クレイの種類によって、熱の持ち方、伝え方が変わります。
使い方を間違えると火傷をする恐れがあります。
又は、温めると固くなるクレイがあります。

クレイテラピーについてこちらのページも読まれています

??????????????????????

???????????????

当スクールについて

前原ドミニック

アロマ・フランス代表の前原ドミニックです。アロマ・フランスでは大阪・東京・名古屋のスクールではヨーロッパで実践されている本格的クレイテラピーや日本で初めてのイドロラテラピー、本場フランス式アロマテラピーの講座を開講しています。プロフィール