ホーム > アロマ・フランス コレッジブログ > フランス・フィトテラピー 「秋に役立つ」メディカルハーブセミナー&ワークショップを開催します!

BLOG DU COLLÈGEアロマ・フランス
コレッジブログ

  • 2019.8.29

    フランス・フィトテラピー 「秋に役立つ」メディカルハーブセミナー&ワークショップを開催します!
    フランス・フィトテラピー 「秋に役立つ」メディカルハーブセミナー&ワークショップを開催します!

    学んで使える!フランスの季節に役立つメディカルハーブセミナー
    今回は秋に起こりやすい季節のトラブルをメディカルハーブを使ってケアをする方法を学ぶ、大人気の講座です。

    メディカルハーブセミナー&ワークショップ

    10月から横浜日吉・広島・高槻本校・富山・横浜中華街でそれぞれ開催いたします。

    日程と詳細はこちら →

    https://www.aromafrance.net/course_cat/special/herb_automne/

    【秋:体を浄化する理想な季節】

    秋は自然や体が冬を過ごすための中間季節です。

    暑すぎた夏からの倦怠感。秋の日差しが短くなるにつれ気温も下がり、草木は紅葉し実を結ぶ季節です。夏の暑さで弱った体を癒し体力を整え、厳しい冬を越す準備期間となります。日照時間の減少から来る季節性うつ病になるなどのトラブルが出てきます。

    秋の臓器は肺と腸です。呼吸器機能と免疫機能は一番働きます。

    秋になると、まず量的にも、質的にも食生活を見なおす事が第1で、熱い夏の間にできなかった運動を復活させるのは第2、そして第3はハーブの力を借りることです。

    フランスでは、どのハーブが秋のハーブでしょうか?

    デトックス効果や抗炎症作用、強壮作用のあるコリアンダー、オレガノはもちろんです。 昔から季節性のうつ病に効果があると言われているセントジョンズワートもあります。

    免疫関係になるとエキナセアというイメージがあるのですが、同じぐらいの効果がある西洋トネリコがあります。

    ティザヌの方が効果的?またはアルコールチンキの方が効果的ですか?

    ハーブを使用する形によって、効果が変わるのが多いです。コリアンダ-の精油とコリアンダーのティザヌは違っています。 同じくアルコールチンキは植物によって必要なアルコール度数が違っています。アルコールに向くハーブと向かないハーブがあります。

    この講座では、秋から冬まで特に使用されるアルコールチンキ等作り方を勉強していきます。

     

    セミナーのお申し込みや詳細はこちらから⇒

    ご参加お待ちしております(^^♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


ご予約・各種お問い合わせはこちらから。
はじめての方でもお気軽にご連絡ください。

お問い合せフォーム LINEでお問い合わせ
アロマ・フランスのオンラインストアへ

Qualité garantie

アロマ・フランスのこだわりは生産者が見える商品です。
高品質クレイや化粧水(ハーブウォーター)、精油、キャリアオイルなど当社では信頼の置ける生産者との直接交渉により品質に納得して買い付けを行った商品のみを販売しています。
高槻本校、オンラインストアでお求めいただけます。

クレイテラピースクール【アロマ・フランス コレッジ】